チャットレディで働くなら通勤?在宅?

通勤チャトレと在宅チャトレはどちらが稼げるか?

チャットレディの働き方としては、チャットルームという事務所に通勤出来る働き方と、自宅で完全に自分一人で好きな時間に働ける在宅チャットレディの二つの形式があります。

在宅チャットレディと通勤チャットレディのメリットはそれぞれ同じくらいあるので、一概にどちらがいいとはいえませんが、その人の条件によって合う合わないがあると思います。

当ページでは通勤チャットレディと在宅チャットレディのいいところと悪いところ両方から比較しているので、まだチャットレディを始めたことがない人もベテランの人も是非参考にしてみてください。

在宅なら自分の好きな時間帯に働くことができる

在宅チャットレディとは文字通り在宅で働けるチャットレディです。時間も朝から晩までいつでも働くことができます。

24時間好きな時間帯に好きな時間数働くことができますが、デメリットとしてはライトやウィッグや衣装などは自分で自己負担で用意する必要があります。

在宅チャットレディは自分でいろいろなものを自己負担で用意するのですが、とくに私生活で使っているものの延長線上なので、デメリットというほどでもありません。

私はスマホ専用というわけではありませんが、たまにパソコンでもやったりするので、ウィッグやチャトレ用の衣装は自前のものを使っています。

在宅でチャットレディをするときはプライバシーに気をつけてください。ライブチャット中に自分の本名やすんでいる地域などがわかるようなものがカメラに写り込まないようにしましょう。

こういった意味ではライブチャット用の部屋をしっかり作り込む必要があるのと、もしアダルトチャットレディをしていて、ピンクローターやバイブなどの大人のおもちゃを使うのであれば、こういったものも自己負担です。

通勤チャトレのメリットとデメリットとは

通勤チャットレディは、チャットレディの代理店が運営している事務所に行ってライブチャットをする働き方です。

チャットルームではウィッグの貸し出しや衣装やライトや玩具の貸し出しなども行っていますが、すべて無料です。交通費は自己負担となりますが、交通費くらいは余裕で稼げるので実質無料みたいなものです。

他にも、チャットレディとして使うパソコンやヘッドセットやアダルトチャットレディをやっている人ならアダルトグッズなどもすべて用意してあるので、なにも持たずにふらっとルームに行ってぱぱっと稼いで帰ってくるということもできます。

通勤チャットレディの事務所にはスタッフさんが常にいるので、チャットレディ初心者の人なら稼ぐコツなども教えてもらえますし、何かトラブルが起きたときもすぐに対応してもらえるのもありがたいですね♪

自分がやりたい働き方を選択できるという自由

通勤チャットレディは交通費というデメリットがありますが、在宅チャットレディはライトやヘッドセットなどの細かい出費があります。

初期費用的には上記の通りですが、報酬率は細かくは各ライブチャットサイトによって違いますが、一般的には在宅チャットレディの方が高い報酬率になっています。

なぜ通勤チャットレディの方が報酬率が1,2割程度下がってしまうのかというと、スタッフさんの人件費やチャットルームの賃貸料などの費用があるからです。

通勤と在宅でどちらもいいところと悪いところがありますが、報酬率をとるなら在宅チャットレディ、家では集中出来ないという人は通勤チャットレディなど、自分が好きな方でやりましょう!

在宅チャットレディのメリットとデメリットについて

在宅チャットレディのメリット

在宅チャットレディは通勤チャットレディと比べて報酬率が高いことと、自宅でまったりゆったり好きなときに働けるということが最大のメリットといえるでしょう。

在宅でチャットレディをするときは自分でチャット環境を作る必要がありますが、ウィッグや服などを持っていればそれを使うだけなので、それほどのデメリットでもありません。

在宅チャットレディのデメリット

在宅チャットレディはあまりデメリットがありませんが、唯一あげるとするならば、自分で自分を管理するセルフコントロール力が必要不可欠です。

通勤チャットレディの場合は、チャット事務所に通勤してしまえば、自ずと仕事モードに切り替わって、自動的に集中出来る環境が整っています。

在宅チャットレディは自分一人ですべてを決めることができるので、サボろうと思えばいくらでもサボることができてしまいます。

今日はめんどくさいからいっか…、また今度にしよう…、という風にサボりがちになってしまいがちです。

自己管理能力に自信がない人は在宅チャットレディよりも通勤チャットレディの方がおすすめです。通勤チャットレディなら集中して仕事出来ると思います。

その他のデメリットには、チャット環境を自分で作り上げる必要があります。チャットに必要な器具や用具などを自分で用意する必要があるんです。

スマホで最初はチャットレディをしていても、パソコンの方がやりやすいと思って、パソコンを買ってはみたものの稼げなかったらもったいないですよね。

在宅チャットレディは通勤チャットレディと違ってスタッフと対面出来るわけではないので、親身なサポートを受けにくいというデメリットもあります。

通勤形式のメリットとは

通勤チャットレディのメリット

通勤チャットレディのメリットはチャットルームやウィッグや衣装などが使える、スタッフのサポートをすぐに受けられる、実家暮らしでもチャットレディで働きやすい、などなどいろいろなメリットがあります。

通勤チャットレディは何も用意しなくてもただチャットルームに出勤するだけですべてが取りそろえられているので、着の身着のまま楽に仕事ができます。

チャットルームにはパソコンやカメラやマイクや、アダルトチャットレディ用のコスプレやアダルトグッズなどありとあらゆるものがそろっています。

通勤チャットレディは、仕事場という環境があるので、自己管理能力を使わなくても仕事モードに入りやすいです。

在宅チャットレディは自分で自分を管理する能力が必要ですが、通勤チャットレディの場合は事務所に通勤するだけで仕事に集中出来る環境を手に入れられるので楽に集中出来ます。

チャットルームに通勤すれば、家族がいる人は家族の目も気にしなくてのびのびとお仕事出来ますし、衣装やウィッグなどもそろっているので働きやすいです。

通勤チャットレディのデメリット

在宅と比べて通勤チャットレディはチャットルームの維持費がかかるので報酬率が少し下がってしまいます。他にもチャットルームが満室で使えなかったりというデメリットもあります。

家の近所にチャットルームがない人はどうしたらいいか?

通勤チャットレディをやろうと思っているけど、家の近くにチャットルームがないという人もいると思います。チャットルームはすべての地方都市にあるというわけでもなく、ある程度の大都市にしか設置されていません。

家の近くにチャットルームがないなら、もうそれはしょうがないので、在宅チャットレディでやるしかないと思います。

実家暮らしで親が知っているのであれば堂々と出来ると思いますが、親に内緒でやっている人は、なんとかばれないようにやってみましょう。テレフォンレディやメールレディだけにするという手もあります。

通勤か在宅かの選び方とは

チャットレディのライブチャットサイト選びはすごい重要な要素です。チャットレディをこれから始めようと思っている人はサイト選びは一番大事といっても過言ではありません。

チャットレディ業界には魑魅魍魎が跋扈していて悪質な行為をしている業者がごまんといます。

せっかく積み上げていった報酬が月末に支払われなかったり、ノンアダルト希望で入ったのにアダルトをやらされたり、やめるときに罰金を取られたりなど、枚挙にいとまがありません。

以上のようなことから、ライブチャットサイトを選ぶときは、優良に運営されていて、健全運営を心がけている、なるべく大手のチャットサイトを選ぶことが肝心です。

チャットレディの仕事をするときは、何が目的でチャットレディがしたいのかを明確にしてから取り組むようにすれば長続きしやすいです。

たとえば、初期費用をかけずにチャットレディがしたい、自宅では家族がいるからできない、という人は通勤チャットレディがおすすめです。

通勤は交通費もかかるし家を出るのがめんどくさいというひとは、もちろん在宅チャットレディがおすすめです。

自分の求めている働き方は、千差万別なので、一概に通勤がいいとか、在宅がいいとかはいえないので、自分に合った方を選ぶようにしましょう。

自分自身が何を求めているのかを明確にすることにより、通勤チャットレディと在宅チャットレディのどちらが自分にぴったり合っているのかがわかります。

在宅チャットレディも通勤チャットレディもそれぞれメリットデメリットがありますので、自分にとってどちらがメリットが多いかを見極めて選びましょう。

チャットレディという副業は、自分で自分を制御するノルマをコントロールする能力が必要です。とくに在宅チャットレディは自分一人でやったりやらなかったりを選べるので、そういう意味では自己管理能力がすごく必要です。

家にいると漫画やテレビや映画などいろいろな誘惑があって、仕事ができにくいというひとは、通勤チャットレディがおすすめです。

チャットレディは実家暮らしをしている人には余り向いていないと思います。なぜかというと自分の部屋で男性客とチャットをしていても親に聞かれているかもしれないからです。

親にばれたくないのであれば実家暮らしで在宅チャットレディはおすすめしませんね。

家の近くにチャット専用ルームがなくて、どうしても家でしかできないという人は、在宅チャットレディしかないと思いますが、通勤チャットレディができる環境にいる人は、通勤と交互にやってみてもいいかもしれませんね。

チャットレディという仕事に出会ったのですから、なるべくたくさん稼いでいきましょう!

チャットレディをしているということは目標金額を作った方がいいと思います。目標金額がないとだらけてしまいます。

チャットレディは自分に会った働き方の方が長続き出来ます。なので、通勤チャットレディの方がいいのか、在宅チャットレディの方が自分に合っているのかを見極めて自分が長続き出来そうな方を選びましょう!

↑ PAGE TOP